学校沿革

メリノール女子学院の歩み

1962年12月
三重県及び四日市市の要請により学校法人メリノール女子学院設立
1963年4月
高等学校設置
1964年4月
中学校併設
1971年
高等学校に英語科開設
1981年
6年制一貫教育発足
1993年
エスコラピアス修道女会が教育に協力参加
2000年
併設型の中高一貫教育となる
2003年
メリノール修道会よりエスコラピアス修道女会へ設置母体を移行
2013年
創立50周年を迎える
2015年
高等学校を普通科に1本科
2017年
四日市メリノール学院へと校名を変更し、共学化スタート

設置母体について

四日市メリノール学院の設立母体はキリスト教ローマカトリックの女子修道会です。メリノール女子修道会は、1912年にアメリカで創立され、ニューヨーク州に本部を置いています。約700名の会員が、教育、医療、社会福祉等の活動に従事しています。 創始者はマザー・メリー・ジョセフです。

2003年、設立母体がメリノール女子修道会からエスコラピアス修道女会へ移行しました。エスコラピアス修道女会は、1829年スペインで創立され、ローマに本部を置いています。約800名の会員が初等教育から中等教育、専門学校、学生寮などで教育活動を行っています。